前へ
次へ

大学入試の英語の学習法と教科書の音読

大学入試に合格したいなら、英語という科目は軽視できません。
その科目は、ほとんど全ての大学で出題されるからです。
しかも英語は、かなり配点が大きいです。
英語で確実に得点できるようにしておかないと、合格が難しくなってしまう事も多々あります。
どうやって英語力を伸ばせば良いかというと、音読が一番おすすめです。
その具体的な方法ですが、高校の教科書で問題ありません。
高校で使っている教科書を、何回も音読するだけで十分です。
ただ1つポイントがあって、それこそ教科書を全文暗記するぐらいまで音読しておくのが望ましいです。
大学入試は、基本的には教科書をベースに出題されるからです。
ですから教科書をしっかり暗記しておけば、それなりに得点を稼ぐ事ができます。
ただ、発音は要注意です。
自己流の発音のクセが付いてしまいますと、発音アクセントの問題で誤答してしまう可能性があります。
それを避けるためにも、できればネイティブの教科書朗読の音声も聴きながら、音読を繰り返す方が良いでしょう。

Page Top