前へ
次へ

大学入試を終えて感じたこと

私が大学入試を終えて感じたことを書いていきたいと思います。
大学入試を終えて一番に感じたことは、もっと計画的に勉強を進めていけば良かったと思ったことです。
入試では英語や数学のよう長期的に勉強しないと結果が出ないもの、日本史や政治経済などの比較的短期間で成果が出るものがあると思います。
私が大学入試の準備を本格的に始めたのは高校3年生の夏頃からでしたが、英語に関しては毎日勉強していましたが、数学に関しては苦手なこともあり継続した学習を実施することを怠っていました。
センター試験では5教科7科目を受験しましたが、数学の点数があまりよいものではありませんでした。
このことから大学受験に必要なことの一つは計画性をもって学習を進めることだと思います。
特に英語と数学は長期的な視野を持って勉強計画を立てることによって、試験を有利に進めることができるのではと思いました。
もちろん日本史や政治経済などの短期間で成果が出せるものとのバランスを考慮しつつ、勉強計画を立てることも同じくらい重要なことです。

Page Top